免疫の機能活性、体質改善なら麗宝の健康食品

sagawa 後払い コンビニ、郵便局、銀行
麗宝保健品製造株式会社

月~土 AM 9:00~PM 6:00
フリーコール☎ 0120-55-8826

精華田七

有名な雲南省文山県産の高品質春田七のみを加工しています。

田七の栽培地として有名な雲南省文山県産の高品質春田七のみを加工しました。
製造技術の向上により、田七人参の豊富かつ比類稀な成分を含有した特級品です。
飲みやすいように錠剤化しました。

精華田七
原材料 田七人参、結晶セルロース、でんぷん、ショ糖エステル
内容量 69.3g (330mg × 210粒)
飲み方 一日5~8粒を目安に、水またはお湯と一緒にお飲みください。
価格 12,600円(税別・送料別)
精華田七

田七はウコギ科の多年生植物で、世界中でも中国・雲南省の東南部から広西省の西南部のごく限られた地域でしか栽培されません。西洋人参、朝鮮人参、山人参など、世界中に分布する600種以上に及ぶ人参のルーツです。栽培は温暖かつ適切な湿度があり、しかも標高1,500~2,000メートルの水捌けの良い傾斜地でのみ行われます。田七は直射日光を嫌うために覆いをし、開花した後は根茎部に栄養を集めるため一部を残して花部を切り取り、満を持した秋口に収穫します。これを春田七といいます。秋に収穫するのに春田七とは不思議なところです。驚愕するのは、土壌作りに2年以上、種蒔きから収穫までには3年~7年という長い年月を費やすのですが、さらに、母なる大地から栄養分やエネルギーを十二分に吸収させるため、収穫後の土地は10年間も休耕させているのです。

昔、中国雲南省の少数民族「苗族」が、傷ついた猿が"ある植物の根"を食べると短時間にその怪我が治り、すぐに元気になることに気付いたことがきっかけと言われ、苗族の秘薬とし語り継がれてきました。明時代の「本草綱目」(李時珍著)では、そのきわだった止血作用と血栓溶解作用から“理血(血液循環を改善する)の妙、止血の神”という別称もあり、また、自然治癒力が最大限に発揮され、奇跡的な回復力を実現するので“金不換”とも言われたわけです。また、ベトナム戦争時では、この田七人参主材(80%)の「雲南白薬」という薬が戦傷の特効薬として素晴らしい効果をあげたことで世界中に田七の存在が知られるところとなりました。また、重篤な肝臓病の特効薬といわれて有名になった“片仔癀”もその主成分は田七人参でした。中国政府はこの希少価値の田七人参を長いあいだ輸出制限していましたが、近年の経済開放改革に伴い、様々な制限が緩和されたため、私たちも田七人参の恩恵を被ることができるようになりました。

品質の基準は「田七が何個で500gになるか」によって分類されます。つまり、30個以下で500gならば“30頭”となります。俗に言われる7年根では“30~40頭”、3年根は“300頭”のランクになります。ただ、大きさや重さと有効成分の含有量とは必ずしも一致していないようです。(雲南民報出版社「中国三七」より抜粋)

精華田七
精華田七 精華田七
精華田七

少々自画自賛させていただきます。「Leihoh精華田七」は本当に素晴らしい製品です。
「冷え症や肝臓の働きが良くなりました」、「アトピーであちこち掻きむしって血を滲ませながら泣いていた息子が数日でよくなりました」など、お客様から続々とお礼のご連絡をいただいています。他の田七製品を飲んでも効果がわからなかった方、もちろん、初めての方も、高品質・田七人参のパワーを是非一度ご自身でご体感してみてください。 また、「麗宝」や「Leihoh冬虫夏草」との相性も大変良く、併用することで相乗作用が高まります。(※個人差がありますことをご理解ください) 。

「精華田七」購入はこちらから
ご購入はこちらから 商品TOPへ戻る 特定商取引法に基づく表記 「精華田七」ご愛飲者の声(抜粋) 商品TOPへ戻る ご購入はこちらから